印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

| HOME | インスペクタの使い方 |

更新日 2013-05-11 | 作成日 2007-12-16

インスペクタの使い方

新しい方程式を追加する

 それでは方程式リストの左下にある「+」ボタンをクリックして、新しい方程式を追加して下さい。二次元平面を塗り分けたいので、入力するのは不等式です。式を入力するエリアに"cos y > sin x"と入力して下さい。するとこんなグラフができます。

tiltedCheckerBoard00.png

 ちなみに、できたグラフは「ファイル」メニューの「書き出し」でファイルに書き出す事ができます。


 市松模様が斜めになったものができました。ちなみにこの式は私が考えた訳ではなく、グラフ計算機のデモモードで使われている式です。
 さて、できたのはいいのですが、随分とぼやっとした絵になっています。これは計算を速くする為に解像度を落としてあるのが原因です。ではこれをもっとはっきりした絵にしてみましょう。式"cos y > sin x"が選択された状態で、ツールバーの「インスペクタ」アイコンをクリックして下さい。すると以下のウィンドウが開きます。

inspector01.png

 ここでいじるのは解像度の目盛りです。これを最大にしてみましょう。ついでに不透明度が80%だと濃すぎる感じがするので、50%まで落とします。これはリアルタイムに反映されます。解像度は目盛りの右側の回転する矢印(更新の意味?)をクリックするまで反映されません。変更後はこうなります。

inspector02.png

 解像度を上げた結果の絵はこうなります。随分きれいになりました。

tiltedCheckerBoard01.png

 ただし解像度を最大にしておくと、時間がかかります。特に式が多数入っているファイルを開くと、かなり待たされる事になります。書き出しの時だけ解像度を上げて、普段は落としておいた方がよさそうです。


グリッドに乗せる

 ここまでの絵はグリッドに全く乗っていませんでした。Grapherの環境設定を見てみると、三角関数のモードが選べる様ですが、デフォルトはラジアンになっています。したがってπを掛けてやればグリッドに乗ってくれる筈ですので、やってみましょう。またX軸がずれているのが気になるのでサインではなくコサインにそろえる事にします。式を以下の様に変形します。

tiltedCheckerBoardEq02.png

 すると絵が以下の様に変わります。x、y共に2を周期として変化しています。三角関数は2πを周期とする周期関数ですので、そうなります。

tiltedCheckerBoard02.png

スポンサードリンク