RapidWeaverへの不満

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

Repeating Motif Wonderland

更新日 2011-10-02 | 作成日 2007-12-12

RapidWeaverへの不満

2007.11.7


更新にかかる時間が長い

 このWEBサイトはRapidWeaverで構築しているのですが、使っていくうちに限界を感じる様になってきました。何といっても更新にかかる時間が長いのが不便です。

 このサイトのページ数は現在505です。ここに1ページ追加すると、全てのページに変更ありマークがついてしまいます。例えば「雑文」に1ページ追加した場合は、変更があるページは「雑文」のサブページだけだと思うのですが、なぜか全ページが変更ありになってしまいます。

 現在はRapidWeaverからBiND for WebLiFEに移行しています。このページはBiNDで作成しています。


 公開する時にまず変更ありマークがついているページをハードディスクに書き出すのですが、これに約12分かかっています。書き出しが終わるとサーバへアップロードするのですが、こちらは変更があったファイルだけをアップロードするようで、変更内容にもよるのですが、あまり時間がかかりません。全ファイルをアップロードする場合はもっと大変で、合計23分かかりました。

 この書き出しはかなり負荷の重い作業のようで、書き出し中はかなりレスポンスが悪くなります。他の作業を行える状態ではありません。メモリは1GB積んでいるのですが、それでも足りないようで、アクティビティモニタを見るとメモリを使いきっています。仮想メモリを使っているので、よけい遅いのかもしれません。書き出し中はハードディスクにアクセスしっぱなしです。RapidWeaverは500ページもあるサイトを構築する事は想定していないソフトウェアなのかもしれません。

 最近バージョン3.6の案内がありました。私はちょうど一月違いで無償アップデートの対象から外れるので3,200円かかります。3.6.3で「ウェブサイトを書き出す際のメモリ使用量を大幅に改善」とあるので、ここに書いた症状が改善されるのかもしれません。

対策としてギャラリーを移転します

 アップデートで改善されるのかもしれませんが、それにしても500ページは多すぎる気がします。対策として、WEBサイトを小分けする事にします。

 RapidWeaverにしたからこそ500ページあるとわかったとも言えます。テキストエディタで作っていた頃は、そもそもページ数を数える気にもならなかったので。


 当然RapidWeaverで作るつもりだったのですが「さて、どうやって分けるか検討しないと」と思っている頃、別のオーサリングツールの情報を目にしました。"BiND for WebLiFE"です。結構いい値段なので最初は買う気もなかったのですが、オフィシャルサイトを見ているうちにその気になって衝動買いしてしまいました。RapidWeaverを買う時は結構慎重だったのに、その何倍もするBiNDを「えいっ」と買ってしまったのは我ながら不思議です。

 そのBiNDで作ったのがRepeating Motif GalleryLinkIconです。ページの背景を繰返し紋様にしているので、使った時の感じがこれまでよりわかりやすくなっているのではないかと思います。