LissajousViewの実装【実践的Macintoshプログラミング解説】

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

CoreData版 Repeating Motif Generator の開発 Repeating Motif Wonderland CoreData 実践的 Macintosh プログラミング解説

LinkIconホーム

更新日 2009-05-24

ビューを作る

LissajousViewの実装

lissajousViewImage.png BezierPathViewが殆どの事をやってくれるので、LissajousViewはバインディングを設定する際に使うキーパスを返すだけでOKです。

LissajousViewを作る

 ファイルメニューから「新規ファイル…」を実行します。現れた新規ファイルアシスタントが示すリストからObjective-C NSView subclassを選び、次に進みます。

newNSViewSubClass.png

 ファイル名をLissajousViewとします。

LissajousViewAssistant.png

LissajousViewのインターフェイスファイル

 スーパークラスのインターフェイスファイルをインポートして、スーパークラスの指定を書き換えるだけでOKです。

//
//  LissajousView.h
//  RepeatingMotifGenerator
//
//  Copyright NovemberKou 2008. All rights reserved.
//

#import <Cocoa/Cocoa.h>
#import "BezierPathView.h"


@interface LissajousView : BezierPathView
{
}

@end

LissajousViewのインプリメンテーションファイル

 実装するのはkeyPathメソッドのみです。

//
//  LissajousView.m
//  RepeatingMotifGenerator
//
//  Copyright NovemberKou 2008. All rights reserved.
//

#import "LissajousView.h"


@implementation LissajousView

#pragma mark -
#pragma mark Methods to be overrided

- (NSString *)keyPath
{
    return  @"selection.bezierPath";
}

@end