第二のプロジェクトについて【実践的Macintoshプログラミング解説】

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

CoreData版 Repeating Motif Generator の開発 Repeating Motif Wonderland CoreData 実践的 Macintosh プログラミング解説

LinkIconホーム

更新日 2009-05-24

第二のプロジェクトについて

2ndAppScreenShot.png
 第一のプロジェクトでは発振器のモデルとビューを作ってそれらを連動させ、ファイルに保存できる様にしました。

 第二のプロジェクトではこれを発展させ、リサージュ図形を作る事ができる様にします。その為にリサージュ図形を表すモデルと、それを表示するビューを追加します。コントローラはNSArrayControllerをそのまま使います。

 完成したアプリケーションは右の図の様になります。

第二のプロジェクトでどこまで作るのか

 第一のプロジェクトで発振器を用意したので、第二のプロジェクトではリサージュ図形を作る事にします。そこで第二のプロジェクトでは

  1.リサージュ図形を表すモデルを作る
  2.リサージュ図形を表示するビューを作る
  3.両者をコントローラで連動させる

という所まで実現させる事にします。やっている事の流れは第一のプロジェクトと変わりませんが、中身は多少違う所もあります。例えば発振器を表すモデルとリサージュ図形を表すモデルの違いは、リサージュ図形を表すモデルが対多関連を持つ事です。またリサージュ図形を表すモデルは自分が生成された時に発振器を表すモデルを二つ生成して対多関連に追加するという動作も必要です。

 一方で両者はベジエパスを持つ共通点があります。そこで、両者の親エンティティを作って共通部を移していきます。

 リサージュ図形を表示するビューと発振器出力を表示するビューも同様にベジエパスを表示する共通点を持っています。そこで両者のスーパークラスを作って、共通部を移します。

 X軸の発振器出力を表示するビューは波形を横向きに表示した方が自然なので、横向き表示の機能を追加します。