GUIを設計する【実践的Macintoshプログラミング解説】

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

CoreData版 Repeating Motif Generator の開発 Repeating Motif Wonderland CoreData 実践的 Macintosh プログラミング解説

LinkIconホーム

更新日 2009-05-24

モデルとビューを連動させる

GUIを設計する

resources.png モデルとビューが完成しました。コントローラはNSArrayControllerをそのまま使えばよいので、残るはユーザインターフェイスの設計です。

 エンティティから簡単にGUIを作成できる機能がありますので、それを使って作っていきます。ResourcesフォルダのRMGDocument.nibをダブルクリックしてInterface Builderを起動して下さい。

 エンティティからGUIを作成すると、ビューを作成して配置してくれるだけではなくコントローラも一緒に作成され、これらが連動して動作する様にバインディングの設定まで自動的にやってくれます。

エンティティをドラッグしてウィンドウにドロップ

 XcodeとInterface Builderを連携させて、エンティティからGUIを自動的に作成します。オプションキーを押しながらXcodeのモデルエディタでOscillatorエンティティをドラッグし、Interface Builderのウィンドウ上でドロップします。

dragEntity.png

コアデータインターフェイスアシスタント

 するとアシスタントが起動します。まず最初に作成するインターフェイスの種類を選びます。ここではマスター・ディテールビューを選びました。
 検索フィールド以外にチェックを入れておきます。

entityInterface.png

 次の画面に進んで、GUIに含めるプロパティを選択します。waveform以外を選択します。

entityInterface2.png

 すると、こんな感じのGUIができ上がりました。

entityInterface3.png

UnembedObjects.png NSBoxの中に入っているビューをバラバラにしたいので、NSBoxを選択してLayoutメニューのUnembed objectsを実行します。


 するとこうなります。

entityInterface4.png

 後はこれらを並べ替えていけばOKです。

nibウィンドウ

 nibウィンドウ上に幾つかのアイコンが並んでいますが、File's OwnerとNSArrayControllerの設定を変えています。

nibWindow.png

FilesOwner.png File's OwnerはクラスをRMGDocumentに変更しています。


arrayController.png NSArrayControllerは自動でつけられる名前が長いので、単にOscillatorsとしました。