プロジェクト設定を編集する 【QuickLook Plug-inの開発:実践的Macintoshプログラミング解説】

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

クイックルックプラグインの開発

実践的 Macintosh プログラミング解説

QuickLook Cover Flow.png

| HOME | 下準備 | プロジェクト設定を編集する |

更新日 2011-10-02 | 作成日 2008-01-04

プロジェクト設定を編集する

ビルド設定

 「プロジェクト」メニューから「プロジェクト設定を編集」を実行すると以下のウィンドウが表示されます。「一般」タブの中には特に設定を変えるものがないので、「ビルド」タブを選択します。一番上の「構成」を「すべての構成」にしておきます。

projectSetting.png

プラグインをどこに置くのか

 ビルドしたプラグインを動作させるには、ある特定のフォルダに配置する必要があります。アップルの資料LinkIconによると、クイックルックのプラグインはアプリケーションに内蔵するか、あるいは以下の三カ所のいずれかに配置する必要があります。

~/Library/QuickLook
ログインしたユーザのみが使用可能
/Library/QuickLook
システムの全ユーザが使用可能
/System/Library/QuickLook
システムの全ユーザが使用可能で、Appleが提供するもの

 一番下は使えないので、一番目か二番目に配置する事になります。開発中は自分だけが使えた方がよいので、一番上に配置する事にします。


デプロイメント位置を指定する

 プラグインをどこにビルドするのかを指定するには、「デプロイメント位置」をチェックし、「インストール・ビルド・プロダクトの場所」と「インストールディレクトリ」を設定します。
 指定するものが二つありますが、この二つを合成したパスが実際には使われます。

  • インストール・ビルド・プロダクトの場所:/users/<ユーザ名>
  • インストールディレクトリ:Library/QuickLook/

としました。

projectSetting2.png

【失敗例】


 最初はデプロイメント位置を指定せずに「ビルドして進行」するという失敗をしてしまいました。これだとシステムがプラグインを認識してくれないので、実行結果がGenerator used: Noneとなってしまいます。
 ソースコードをいくら見直しても何の変化もないので、一時はプライグイン開発を断念しました。

 プロジェクトのテンプレートで、最初から気を利かせてデプロイメント位置を指定しておいてくれてもよさそうなものではありますが・・・